外国人技能実習制度とは
外国人技能実習制度は、国際貢献のため、開発途上国等の外国人を日本で一定期間 (最長で5年間)に限り受け入れ、OJTを通じて技術を移転する制度です。
 外国人技能実習制度は、入国直後の講習期間以外は、雇用関係の下、労働関係法令等が適用されており、現在全国に約32万人在留しています。(※平成30年時点)
外国人技能実習制度の仕組み

【団体監理型】

  • 非営利の監理団体(事業協同組合、商工会等)が技能実習生を受入れ、傘下の企業等で技能実習を実施

*詳細については厚生労働省のホームページをご参照下さい。
移行対象職種・作業一覧

※外国人技能実習機構より引用
(https://www.otit.go.jp/files/user/010529-1.pdf)